0

【Web制作者必須セミナー】HTML5 Conference 2017

HTML5 Conference 2017とは?

“We can do anything on the Web”

ほんの少し前には、次世代Web標準技術と呼ばれた数多くの仕様は、まだまだ実用に耐えうるには時間が掛かるだろうという意味で、ある意味、夢物語のように語られていました。しかしながら、実装当時は実験的な扱いだった仕様が、この短い期間で進化し、既に多くの製品やサービスの事例で活用されるようになりました。

ここ最近で最も行きたかったセミナーの一つ。

場所が東京なのと、奥さんの仕事・子育ての調整がつかず断念しました。

公式Webサイトはこんな感じ

気になったんですが、公式のWebサイトで「ページトップへ」ボタンが無いんですね。

これもトレンド?セッションのページとか普通に長くてスクロール大変なんだけどなぁ。

 

こんな感じのイベントだったらしい。

イベント名称 HTML5 Conference
開催日 時間 2017年9月24日(日)10:00 ~ 18:30(受付開始 9:30)
募集人数 1,600名
対象者 Web開発者、Webデザイナー
会場 東京電機大学 千住キャンパス(東京都足立区千住旭町5番)
参加費 無料

最初に基調講演があり、その後それぞれ聞きたいブースに行きセッションを聞くという流れのようです。

無料なのは良いですが、スポンサー企業の講演だとちょっとなぁ・・・というのはあります。

あと気になる講演としては

  • Webフォント
  • 何かと人気らしいAdobe XD
  • Google AMP

くらいでしょうか。WebGLがけっこう取り上げられてますが、何年も前からWebGLとか言っててどうなのコレ?本気でやるの?って感じです。

セッションの内容はコチラ

 

動画まとめ

各セッションの動画。時間があったら見るだろう。そしたら感想を書きたい。









印象としては「これからの技術」に視点をあてつつも、皆さん主張がバラバラというか・・・

ホント、制作者の皆さまは何を勉強していけば良いのか、ますます迷う感じではないでしょうか。

とりあえずHTML5は必須としてWebフォント、SVGあたりの技術に流れていく感じなのかな。

なんかFirefoxOS向けのアプリ開発とかもありました。気になる方はYoutubeでどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です