1

なにが新生パワーコールだ。

24時間365日。

手数料無料でセブンイレブンでお金が引き出せる「新生銀行」の口座を作ってみました。

 

私はそもそも銀行というもんが嫌いです。

営業時間が平日の3時までなんて、いつ行けるんだって感じだし。

お金預けてるのに手数料とられる意味がわからないし。

潰れても国が助けてくれるし。

 

ただ、まあ銀行がないといろいろ不便なので使ってるんですがね。

 

で、口座開設して、暗証番号が送られてくるんです。

(ん?暗証番号って自分で決めるんじゃないの)って思いつつ。

 

暗証番号変えるためには「新生パワーコール」なる電話応答のとこに電話しろと書いてあります。

 

電話して、ガイダンスに従って操作。

 

新しい暗証番号を入力・・・あれ、ガイダンスがとまった。

 

かけなおしてみよう。

 

やり直すと、なんか「通知した暗証番号と違います」みたいに言われる。

 

ははーん。さてはもう新しいのに変わったんだな。と今度はかけなおして新しい番号を入力

 

また違うといわれ、今度はカスタマーセンターみたいなとこに繋がりました。

 

しかも、電話がこみあってるということで20分くらい変な音楽がながれる。

 

カスタマーセンターで「何度も間違ったので暗証番号が失効しました。再発行させていただきます。なお再発行に一週間くらいかかります。」って

 

ちょっと待てい。

 

あんたのトコの機械が勝手にとまってやり直したんですけど?

間違ったの私でしょうか?

っていうか一週間てなんですか?その間ひきだせないんですか。

 

まあいろいろ問いただしたんですが、マニュアルどおりの機械のような回答で。

 

・・・・ラチあきません。

 

「じゃあ再発行してまた機械が止まったらどうすんだ。また再発行かよ。」

「はい。しかしそのような事は通常おこりません」

「いや、今起こってるから。電話での手続き以外、確実にできる方法にしてよ。なんなら今ここで暗証番号言おうか」

「言わないでください。他の方法はありません。」

 

・・・・いや、だからこんな暗証番号の変更とかで手間かけたくないんですよ。こっちはね。

 

お客の要望を聞こうとしないというか、なんというか。機械と話す感じです。

 

そうなんだ。と。

私が何故銀行が嫌いかというのが分かった。

サービス業なのに、お客のことを考えようとしない。そういうとこなんですよ。

 

10万とか20万とか、そういう預金が集まって銀行の運営資金が捻出できる。

でも当の銀行側はその一人一人のお客が小さい存在だと考え、ちゃんと対応しようとしない。

そういう感じがあるんですよね。

大きい組織だから、そうなるわけじゃないと思う。

 

日本の製造業の超大企業の社長が言ってたのは

「企業にとっては不良率は微々たるものかもしれない。

でも不良の製品を買ったお客さんにとって不良率は100パーセントだ」

 

こういう意識を銀行にこそ持っていただきたいものです。

One thought on “なにが新生パワーコールだ。

  1. ※追記
    トラブルの原因をシステムに調査依頼したと言って、翌日新生銀行のKさん(昨日のコールセンターの女性と違って男性)から電話がかかってきました。
    調査結果は・・・「まだわかりません。」とのこと。
    次の日もかかってきたが、同じ。
    その次の日「結局原因はわかりませんでした」とのことでした。
    なんなんだ。あなた達は。
    ということは、システムトラブルでお客の暗証番号を失効してしまったという可能性を否定できないということでした。
    んで、よくわからないので調査結果を郵送しろと言ったら
    「それはできません。」
    じゃあ、百歩譲って、暗証番号の失効は仕方ないとして、再発行の文章をもっと速く届けて(速達で)と言ったら
    「それもできません。」
    なんなんだ。あなた達は。
    何もできないなら、喋ってる時間もったいないだけだと思って、それ以上はつっこみませんでした。
    でも、「そういうシステムだから、できません。」って何度聞いたことか。
    何を言ってもできないって、それはサポートとは言わないじゃないのか。
    外資系とは、そういう感じだと分かってても納得できない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です